logo

診断当日から
5日以内の方対象
新型コロナウィルス
陽性
と診断された方へ

top-image

PCR検査・抗原検査で陽性と診断されてから5日以内に来院*できる患者さんを対象とした治験のご紹介です。

*指定の医療機関に来院いただきます

ご協力いただける方は、まずは事前WEBアンケートにお答えください。

※診断直後の方のみが対象となります。診断を受けたらお早目にご応募ください。

女性

もしも新型コロナウイルス陽性と診断されてしまったら

検査の結果、陽性と診断された方は、持病、年齢、症状などを総合的に勘案して入院、自宅療養または宿泊療養のいずれかに決定されます。

現在の治療方法について

自宅または宿泊施設で療養中は、体調をセルフチェックしながら、保健所などと連絡を取り合い健康観察を行います。
現在、軽症や無症状の方に対する根本治療薬はなく、自宅や宿泊療養中に重症化する事例も報告されています。
いくつかの治療薬は日本でも承認されていますが、対象となる患者さんは限られています。

診断後、自宅または宿泊療養となった方へ

治験では、治験担当の医療スタッフが参加者の方をサポートします。 この治験では、新型コロナウイルス陽性と診断された直後から治験薬を5日間内服していただき、治験薬の有効性(効果)や安全性を調べます。

治験に参加いただくことで、療養しながら新しい治療薬の開発に貢献することができ、治験の計画で定められた治療*を受けることができます。
*プラセボ(有効成分が含まれていない治験薬)が投与される場合もあります。

治験参加中は、治験担当の医療スタッフがオンライン診療や訪問看護などで、より綿密に参加者の方の経過観察を行っていきます。

doctor

無症状及び軽症・中等症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者さんを対象とした治験のご紹介です。

Doctor's comment Doctor's comment

治療の選択肢の1つとして”治験”があります。

ご協力いただける方は、まずは事前WEBアンケートにお答えください。

※診断直後の方のみが対象となります。診断を受けたらお早目にご応募ください。

目的

軽症・中等症または無症状の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の方を対象に、治験薬の有効性および安全性を評価します。

主な検査

医師の診察・問診、PCR検査、血液検査、バイタルサイン、患者日誌の記録など

治験薬について

治験薬は、錠剤で新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の治療薬として開発中のお薬となります。
1日1回、5日間服用します。
錠剤には見た目にはわかりませんが、有効成分が含まれている薬剤と含まれていない薬剤(プラセボ)があります。

治験スケジュール

初回来院は、指定の医療機関で治験担当医師の診察を受けます。
その後、オンライン診療および訪問看護により経過観察を行います。
※医療機関によっては入院による診療又は自宅からの外来診療をご相談させていただく場合があります。
治験に参加いただく期間は、約1ヶ月間です。
治験薬服用期間:5日間

参加条件

  • 12歳以上69歳までの方
  • PCR検査・抗原検査で新型コロナウイルス陽性と診断された方
  • プラセボ*を服用する可能性があることを了承いただける方
  • 有効な成分が含まれていない治験薬の1つです。心理的な影響を除いて治験薬の有効性(効果)と安全性を評価するのに必要です。
  • 他の治験や医学研究に参加していない方
  • その他にも満たさなければければならない基準がございます。
    まずは事前WEBアンケートをお試しください。
hospital

治験実施医療機関受診までの流れ

  1. 1

    WEBアンケートに回答し、希望する医療機関を選択します。
    ※ 無理なく通院できるところを選択してください。治験開始後、医療機関を変更できません。

  2. 2

    条件を満たした方は、必要情報や注意事項が記載されたメールを受信します。

  3. 3

    メールの内容に従い治験コーディネーターと連絡を取ります。
    ※ 受診の予約や受診までに必要なことを確認できます。

  4. 4

    予約日に医療機関へ行き、この治験に関する詳しい説明を治験担当医師や治験コーディネーターから受けます。
    ※ 疑問や不安は医師に質問し、回答を受けることができます。
    ※ 通院にかかる交通費の負担を軽減するために負担軽減費のお支払いがございます。

  5. 5

    治験内容をご理解いただいた上で、ご本人の自由意思により治験に参加いただきます。

無症状及び軽症・中等症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者さんを対象とした治験のご紹介です。

Doctor's comment Doctor's comment

治療の選択肢の1つとして”治験”があります。

ご協力いただける方は、まずは事前WEBアンケートにお答えください。

※診断直後の方のみが対象となります。診断を受けたらお早目にご応募ください。

治験とは?

1つの”くすり”が誕生するまでには非常に長い時間がかかります。
研究の中でみつかった”くすりの候補”は、開発の最後の段階で健康な人や患者さんに投与され、人での効果や安全性が調べられます。
”くすりの候補”を用いて国(厚生労働省)の承認を得るために行われる試験を「治験」と言います。

治験を行う医療機関は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規則の要件を満たしており、安全面も充分に配慮されたうえで治験が実施されております。
治験は、患者さんの自由な意思に基づく文書による同意があってから始められます。またいつでも患者さんの意思で取りやめることもできます。

治験に参加することで…

  • 治験参加中は、治験担当の医療スタッフがオンライン診療や訪問看護などで、より綿密に診療のサポートが受けられます。
  • 治験に参加いただくことで、療養しながら新型コロナウイルス治療薬の開発に貢献することができます。
  • 治験にご参加いただいている間、交通費や時間的拘束などの負担を軽減するために負担軽減費のお支払いがあります。

無症状及び軽症・中等症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者さんを対象とした治験のご紹介です。

Doctor's comment Doctor's comment

治療の選択肢の1つとして”治験”があります。

ご協力いただける方は、まずは事前WEBアンケートにお答えください。

※診断直後の方のみが対象となります。診断を受けたらお早目にご応募ください。